だんじり祭り

この記事は1分で読めます

大阪の夏祭りは、地域毎に行われる氏子祭りである場合が大抵ですので、各地域から色々出される物が多いです。

その中でも特に有名なのが、岸和田のだんじり祭りではないでしょうか。

このだんじり祭りは岸和田だけではなくて、大阪府内全般に広く有るお祭りになります。

一言で「だんじり祭り」と言っても、地域によってその特色は異なっています。

大きく異なる点は「上だんじり」や「下だんじり」と呼ばれている点です。

有名なのは「下だんじり」のやり回し等で、これが岸和田とか泉州地区辺りで行われています。

岸和田のだんじりが有名なので、見た事が有る人もたくさんいる事でしょう。

一方、もう1つの「上だんじり」は泉州地区以外で行われている方法で、かたせ棒と言う担ぐ事が出来る棒がだんじりに付いているのが特徴的で、この棒の下に肩を入れた状態で、ぐるぐると回ったりするのを披露します。

これを「マイマイ」と言ったり「ぶん回し」と言ったりしています。

岸和田では見られませんが、大阪市内で行われるだんじりでは、よく見られる光景です。

大阪の夏祭りである「だんじり祭り」は、大阪本来のノリの良さが見られる物で、お囃子に合わせて、だんじりの上で龍の形を模して踊る人、不思議な姿で踊る人等様々な踊りを見られるのも特徴です。

アップテンポやローテンポの不思議な動きが魅力的なだんじり祭り、男の勢いの良さが見られるだんじり祭り、是非夏祭りの1つとして見に行ってみてはいかがでしょうか。

  • 2019 03.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。